クラウドデータを用いたペーパーレス会議をするメリットとは

SITEMAP

ミーティング

ペーパーレス会議を導入前に気をつけること

マウス

これまでの会議の概念を履がえてしてきたのがペーパーレス会議です。ペーパーレス会議とはそもそもなんでしょうか。従来の会議は紙の資料によって進められて来ました。しかし、近年のタブレットやPCの進歩によってそうした紙ベースの資料ではなく、タブレットなどを用いて電子データを共有、閲覧できるようになっています。そして、そうしたタブレットを用いて会議をすることペーパーレス会議と呼ぶのです。
メリットがたくさんあるペーパーレス会議ですが、気をつけたいこともあります。それは何でしょうか。今日はペーパーレス会議を導入する前に気をつけたいいくつかのことを記します。最初にやっておくことはシステム障害にも対応できるようにしておくということです。ペーパーレス会議の場合にはクラウドネット環境を利用して会議のグループが同じ資料にアクセスできるようにします。
しかし、万が一会議中にシステム障害が発生してしまうとどうなるでしょうか。クラウドデータにアクセスすることができなくなり、会議そのものが成り立たなくなってしまいます。そこで、やるべきことはシステムを運用する担当者を決めて、しっかりとクラウドのバックアップをとっておくこと、さらには障害が起きたときの対応手順を決めておくようにしましょう。

NOTICE

TOP